ボトックス注射を受ける前に|副作用や施術の特徴をリサーチ

シワ取り効果が支持

女性

シワ取りに効果があると支持されているボトックス注射ですが、施術を行う医師の経験や技術によって、副作用のリスクには差がありますので、副作用のリスク回避の為には、医師選びというポイントが非常に重要になります。

施術の特徴や効果

ウーマン

シワ取りや小顔のプチ整形

ボトックス注射は、神経に働きかけて筋肉の動きを制御する筋弛緩剤です。斜視や顔面麻痺の治療法として誕生し、いまでは美容外科クリニックでプチ整形の一つとして普及しています。ボトックス注射で得られる効果は多岐にわたります。よく使われているのは、顔にできた「シワ取り」です。シワには、加齢でできるタイプと、感情を表したときにできるタイプの二つがあります。ボトックス注射は、感情を表したときにできるシワに対して効果がある注射です。怒ったときや笑ったときに眉間や目尻にできるシワは、表情筋が作ります。その表情筋を一時的に動かないようにして、シワを出来ないようにするのがボトックス注射です。シワが出来なくなることで、見た目がとても若くなります。小顔の夢もボトックス注射で叶います。エラボトックスは、注射をしてフェイスラインをシャープにするプチ整形です。小顔になるのは、ボトックスの働きでエラにある筋肉が収縮するためです。生まれつきのエラが張った顔も、まるで手術をしたように劇的に小さくなります。同じように、ふくらはぎの筋肉を小さくして脚を細くすることも出来ます。それぞれの施術は麻酔をしてから注射をするだけなので、5分から10分くらいで終わります。効果が出るまでは多少個人差がありますが、シワの場合は2週間ほどしてから、エラやふくらはぎの場合は1カ月ほどしてから効果を実感できます。ダウンタイムがなく、施術をしたすぐあとからいつもと変わらない生活ができます。ボトックスをするときに気になるのが副作用です。もともと医療現場で長く使われていた歴史があるので、命に関わるような重篤な副作用はないと言ってもいいです。ただし、筋弛緩剤なので、顔に注射すると一時的に表情筋が硬くなり、違和感があるように感じてしまうことがあります。額に注射をすると、皮膚が伸びて眼瞼下垂症になり、目が開きにくくなるというケースもあります。さらに人によっては頭痛や腫れ、痛みなどの副作用が出ることもあります。こうした副作用は、あくまでも一時的なものです。ほとんどの場合、施術後3日程度経過すれば自然に収まります。

備えあれば憂いなし

注射

部分的なダイエットやしわ治療に効果的と、ボトックスがとても人気です。治療にはボトックスの筋弛緩作用を使いますが、副作用があり、筋肉が動かしにくくなります。事前に情報を集めて備えましょう、治療当日は、治療箇所を清潔にすることが重要です。

しわに有効で人気の施術

カウンセリング

目元や口元など、しわが気になる部位の改善に効果を発揮してくれるのがボトックスです。しかし頭痛や表情が出にくいなどの副作用が出る可能性もあるので、信頼できる医師を選び、しっかりと説明を受けた上で受けましょう。

美容外科による施術と効果

先生

プチ整形の中でボトックス注射というものがあり、顔にハリができるため若返った印象を持たせることが出来ます。またボトックス注射はメスを入れるものよりかなり短い時間での施術が可能となっています。ですが副作用がいくつかあるので注意が必要です。

内出血が見られる可能性

ウーマン

多汗症や表情じわを目立たなくする効果があるとして、ボトックス注射が注目されています。施術を希望している人は、副作用を知っておくべきでしょう。安全性の高い治療ですが、局所的に顔面神経麻痺が見られ、顔に違和感が出ることもあります。