ボトックス注射を受ける前に|副作用や施術の特徴をリサーチ

  1. ホーム
  2. 内出血が見られる可能性

内出血が見られる可能性

ウーマン

局所的な顔面神経麻痺

ボトックス注射は多汗症の治療に使われることもあります。目尻や額などのしわ、ほうれい線などを目立たなくする効果があるので、幅広い年代の人が高い関心を持っています。美容外科のクリニックでは大変ポピュラーな治療になっており、多くの著名人も施術を受けています。ボトックス注射の施術を受けたいけれど、副作用が心配という人も少なくありません。ボトックス注入法は安全性が高いですが、局部的な顔面神経麻痺が見られることがあります。時には顔に違和感がでてくる可能性もあるでしょう。長く続くのではなく、一時的なものなので少しずつ改善してきますが、気になる場合は医師に相談すると良いでしょう。表情じわが気になる部分に注射器で薬剤を注入するので、注射跡が付くことや多少の内出血は見られる場合があります。ボトックスに含まれているボツリヌス菌は、医療用の場合は毒素を抜いてあるので食中毒のような症状は出る心配はありません。その他の治療としては、多汗症治療やアンチエイジング治療が挙げられます。希望しているなら治療の効果やメリットはもちろん、副作用についてもきちんと説明をしてもらい、納得をしてから治療を受ける必要があります。ボトックス注射を行うことで交感神経に働きかけるので、発汗を抑える効果が期待できるでしょう。臭いを防ぐ効果も期待できる上、一度施術を受けると半年から一年間は効果が持続するのが特徴です。妊娠中や授乳中の人は普段よりも体がデリケートになっているので、ボトックスによる治療は受けられなくなっています。また、精神神経科に通院をしており、抗精神病薬を処方してもらっている人は医師の許可が必要になります。さらに、現代は結婚をしたらすぐ赤ちゃんを授かりたい人が増えているので、避妊をしていない人はボトックスの副作用を考えることが大切です。不安が大きいなら治療を受けるのは避けたほうが良いでしょう。ただ、ボトックス注射の副作用は、すべての人に見られるわけではないので安心して下さい。評判の良い美容外科のクリニックには高い技術を持った医師が在籍をしているので、少しずつ量を加減しながら慎重に注入をしてくれます。