ボトックス注射を受ける前に|副作用や施術の特徴をリサーチ

  1. ホーム
  2. 美容外科による施術と効果

美容外科による施術と効果

先生

代表的な施術

現在、プチ整形という言葉が流行っており若い人からお年寄りまで幅広くその意味も浸透しています。そして顔や体の一部にコンプレックスがある人がそれを解消するために施術を受ける人もいます。その中でボトックス注射というものがあります。ボトックスとはボツリヌス菌から毒素を抜いたものです。主に筋肉を弛緩させる作用があります。ですので、目尻のしわや眉間のしわ、額のしわといったものや、ホウレイ線を消してくれる効果があります。また、たるんでしまった目やエラなどにも効果的です。これらを改善することで、顔にハリができるため、若返った印象を持たせることが出来ます。アメリカで人気になり、日本でも施術されるようになりました。現在、ボトックス注射は切る必要がない整形として注目を集めています。まず整形というとメスを使用し施術するといった印象があります。ですが、メスを使用した施術をすると費用がかかり、さらには時間もかかるため負担が大きくなりがちです。しかしボトックス注射は注射器を用いて注入をおこなうため、メスを入れるものよりかなり短い時間での施術が可能となっています。およそ10分から20分程度で終わることも可能となっています。しかし注射する箇所が多いとその分時間がかかってしまうので個人差があるので注意は必要です。また他にボトックス注射のメリットとして施術で使用する針はとても細い針を使用するため、傷も残りにくいということがあります。このように手軽におこなうことができるボトックス注射ですが、副作用があります。主な副作用としては、表情をつかさどる筋肉に注入した場合に、上手く感情が表すことが出来ないという人もいます。例えば口元に注入してもらった場合に、その注入量が多すぎると口が開けづらくなってしまい、違和感を覚えます。このように表情が乏しくなってしまうので、副作用がおきないように確かな腕を持つ医師に施術してもらうことが大切です。また他の副作用として、筋肉のバランスが崩れたり、精神をつかさどる神経に影響が出て頭痛や吐き気がおきたりすることもありますので注意することが必要です。